「分離化と合一化」

   精神世界を歩いていると、自分がどこに向っていて、どの辺りを歩いているのかが分か
  らなくなり、不安になる事がよくあります。
   そもそも正しい方向や、間違った方向などというものがある訳ではないので、ただ目の
  前の道のりを楽しめばよいのですが、ある程度の地図があった方が安心するのが人情
  のようです。
   そこで参考までに、M流のロードマップを用意してみました。

   全ての存在は、分離化の方向もしくは合一化の方向に向っています。最終的には合一
  の方向に落ち着くのですが、それまでは2つのベクトルの間を行きつ戻りつ揺れ動いて
  いるようです。これを説明するには、世界各地に残されている伝承や、神話の中に描か
 れている宇宙創生の物語がとても参考になるので、ここで引用させていただきます。
   それらは文献によって細かい点は違いますが、おおむね次のようなストーリーになっ
  ています。

   1. この宇宙が生まれる前には、神だけが存在していた。
   2. 神そのものの体を材料にして、物質宇宙が創造された。
   3. 我々人間も何らかの理由で神から分離して、この宇宙に生まれた。(分離化)
   4. 最終的には、神の元に戻り一体化する。(合一化)
     
   ※ 神という言葉を生理的に受け付けない方は、「光」「実相界」等、
     気に入った言葉で読んでみて下さい。

   このストーリーで一番問題になるのが、なぜ我々がわざわざ神から分かれて生まれて
  きたのかという所ですが、これには諸説ありますが、僕の体験では遊びに来たという感
  覚が強いと思います。ゲームをするように、ある一定のルールの中で様々な体験をして
  みたかったという感じでしょうか。
   この解釈から言うと、4.の神との一体化は、{すごろく}でいう「あがり」のようなものです。
  ですから、とっととあがってしまいたいという人はそうすればいいし、もっとゲームを楽しみ
  たいという人はそうすればいい。正しい道も、間違った道も無く、自分のペースで自由に
  歩めば良いのです。
   ただ、今自分が「あがり」の方向に向っているのか、「ふりだし」の方向に行っているか
  を知る地図として、この考え方は役に立ちます。とはいっても、自分自身を分析するのは
  以外と難しい事なので、簡単な見分け方の例を分かりやすく表にしてみました。

          
  分 離 化   合 一 化

  ・ 人を裁く心が強くなる
  ・ 自分が嫌いになる
  ・ 家族やグループにこだわる
  ・ 選民思想  
  ・ 特権意識  
  ・ 他人と自分を比較する
  ・ 競争意識
  ・ 超能力など他人に無い力を獲得し、
    特別な存在になろうとする
  ・ 自我の拡大 
  ・ 自分は正しいと考える  etc

  ・ 全ての物や人が大好きになる
  ・ 自分が大好きになる
  ・ 全ての人が同じように見える
  ・ 自と他が同じに見える
  ・ 自我の減少
  ・ 物事にこだわらなくなる
  ・ 自然の流れに身をゆだねられるようになる
  ・ 自分と相手の違いを楽しめる
    (そのままの相手を受け入れる)
  ・ 意識の拡大   etc

   基本的には、合一化に向っている時は周りの人との調和度が上がり人間関係は好転し
  ていきます。
  精神世界を始めてから、周りの人とうまく話が合わないとか上手くいかなくなった等という
  話をよく聞きますが、そういう時は完全に分離化に向かっているといってよいでしょう。
   以前あるワークショップに参加した時に
    「精神世界に興味を持ってから、主人と上手くいかなくなったのですが、どうしたらよい
    でしょうか?」
   という質問に、講師の方が
    「あなたの精神レベルが上がって、ご主人とレベルの差ができてしまったので、仕方な
    いですよ」
   なんて答えていましたが、これには何か違和感を感じてしまいました。
  そもそも精神レベルの高い低いなんて、誰が決めたんですかねぇ?
  自分と考え方の違う人間を、間違っていると決めつけてしまったら戦争になってしまいま
  す。そのままの相手を認めて、違いを楽しみ、大好きになれたら、こんなに素敵な事はあ
  りませんよね。

   さて色々と、分離化と合一化について考えてきましたが、この地図が気に入っていただけ
  たかどうかはともかく、要は自分の位置を知るには、自己の内面を知るしかないという事で
  す。
   せっかくこの世界に生まれてきたのですから、様々な経験を楽しみながら生きていきたい
  ものです。でも時には、自分を客観的に眺めて、自分の行きたい方向に向っているかどうか
  考えてみるのもよいのではないでしょうか?    

                                   ひっきー∞   
                                            >このページの項目へ
   

              

  

<トップページへ

楽しい精神世界の歩き方

 2003年  5月20日(火)  はじめに
 5月21日(水)  分離化と合一化
 5月26日(月) 優しい神様
 6月 8日(日) 正しい宇宙観?
 7月 1日(火) 幸せになるコツ
2004年  8月30日(月) 久々に出た!おすすめ本
2005年 8月29日(月) 普通の事に意味がある
 9月14日(水) 今すぐに幸福になる方法
 
                     「はじめに」

  私が、精神世界に興味を持ち始めたのは小学生の頃でした。
   「なぜ自分はここにいるんだろう?」
 といつも頭に?を付けて暮らしていました。まるで、テレビドラマの中に閉じ込められた
 ような妙な違和感を常に感じ、
   「この世界は、本当の居場所ではないのではないか?」
   「本当の自分は、この世界の外側でテレビに映っている僕を見ているんじゃないか?」
 などと、なんとなく感じていました。そんな不思議な感覚の意味を知りたくて、今日まで
 きてしまったのかもしれません。
  あれからもう4半世紀が経とうとしていますが、この広大な宇宙のロマンは、知れば
 知るほど、奥に進めば進むほど、さらに広大なすそのが広がってゆくようです。
 
  このコーナーでは、そんな旅の道すがらに私が体験や直感を通して知り得た事の中
 で、出来るだけ他の人の本などに書かれていないオリジナルな情報を発信していけたら
 と思っています。
  気楽に、楽しんでいただけたら幸いです。    
                                ひっきー∞   >このページの項目へ
   
                 
                 「優しい神様」


   私はお陰様で毎日とても幸せに暮らしています。
  1人で道を歩いていても、気が付くと自然に笑顔になってしまいます。
  (ところで、日本では1人で笑顔で歩いていると「変な人」とか、下手をすると「危ない人」とか
  言われてしまうのは、何でですかね?ムッとした顔で歩いている方が、よっぽど「危ない」と
  思うんですけど。面白いですね。)
  よく人から、「幸せそうねぇ」とか「楽しそうねぇ」とか声をかけられるので、「えぇ。幸せなん
  ですぅ〜」と素直に答えます。なぜ幸せなのかとあらためて聞かれると、ちょっと考えてしま
  うのですが、おそらく僕には「優しい神様」がついているからだと思います。
  こういうことを書くと、宗教でもやっているんじゃないかと思うかもしれませんが、そうではあり
  ません。私は宗教は宗教で素晴らしいと思っていますが、どうも私には向かないようです。
  何故かと言うと、宗教の神様って「教育ママ」タイプの方々が多くて、「ああしなさい」「これし
  ちゃダメ」と、不真面目な私には気の休まる暇がないのです。
  一方、私の信じている神様は「ゆるゆる、あまあま(甘甘)」でかなり過保護な神様です。
  昔から「できの悪い子ほどかわいい」といいますが、まさにそれのようで私の事をとてもかわ
  いがってくれます。
  いつもどこに行くにもついて来て「転んでケガをしないように」「事故にあわないように」と気を
  配ってくれます。また私に必要な情報や大切な方々との出会いを、数々の幸運と共にコー
  ディネートしてくれます。私がのん気にヒーリングなどという商売っ気の無い仕事をしていられ
  るのも、この神様がお金が必要になるとその分だけはそっと用意しておいてくれるからです。
  本当にありがたい事です。
 
   どうも私の経験では、神様には決まった形というものは無く、その人が信じる形にしたがっ
  て現れて下さるようです。ですから神様のご機嫌を損ねると罰が当たると思っている人には
  罰が当たるし、私のように神様は何でも許してくれると信じている人には罰は当たらないの
  です。どんな神様を信じるかは個人の自由ですが、どうせ神様を信じるなら、優しい優しい
  神様を信じた方が楽しくて安心な毎日を送れます。
   今では完全に神様に任せきっている部分が多いので、何か問題があっても、「まぁいいや、
  神様がなんとかしてくれる」と気楽にかまえる事ができます。そうしていると自然に問題は解
  決してしまいます。こうなると人生は楽なものです。人間1人の力はたかが知れていますが、
  大宇宙の創り主が味方になってくれている以上、何も怖いものはありませんよね。
   あなたもたまには、幼い頃に戻ったつもりで思いっきり神様に甘えてみるのもいいかもしれ
  ません。きっと優しくあなたを包み込んでくれますよ。   ひっきー∞   
                                        >このページの項目へ
                 
                 「正しい宇宙観?」


   書店の「精神世界コーナー」をのぞいて見ると、実に様々な種類の本が並んでいます。
 「禅」・「ヨガ」・「仙道」などの修養系のものから「心霊」・「チャネリング」を扱ったもの、「ヒーり
 ング」関係・「神智学」等。そして、その一冊一冊に多種多様の宇宙観が描き出されています。  死後の世界や輪廻転生、悟り、果ては終末思想まで同じ「精神世界」というカテゴリーで分類
 されていても、まさにゴッタ煮状態で実態がつかめません。
 「どれが正しいのか?」「何を信じたらいいのか?」と悩んでいる人も多いのではないでしょう
 か?でも、「正しい」「間違っている」なんて本当にあるのでしょうか?
  例えば、あなたがアメリカのことを知りたいと思ったとします。まずは、様々な旅行雑誌を買
 って勉強をしたり、英会話を習い始めます。これが精神世界に興味を持ち、本を読んだり講演
 を聞きに行ったりするのにあたります。この段階では、様々な情報を集める事によって、少し
 ずつアメリカの事を分かってきたような気分になりますが、、アメリカに行った体験が無いので
 あくまでも想像の域を出ません。
  次に、実際にアメリカに行こうと思い立ち、パスポートの申請や、チケットの購入など、旅行
 の準備を始めます。これは、セミナーやに参加したり、瞑想を始めたりして知識ではなく体験
 としての真理を求める段階です。
  いよいよ飛行機に乗り、あなたはアメリカに旅立ちます。最初の目的地はニューヨークです。
 3日間観光を楽しんだ後、帰国の途に着きます。これが、瞑想などにより見えない世界を垣間
 見た段階です。
  確かにアメリカの地には降り立ちましたが、観光地を見て歩いただけなので、市民の生活な
 ど細かいところはよく分かりません。そこで、その街に暮らしている人々に話を聞きますが、は
 たしてこれでアメリカを知った事のなるでしょうか?
  例えば、あなたがアメリカの方に日本人の生活について教えて欲しいと頼まれたとします。
 あなたはどの程度の事を教えてあげる事が出来ますか?自分が生活している街に関する事
 や、自分が体験した職業の事などは確信を持って答えられますが、住んだことのない街や、
 就いた事のない職業の事などはあいまいにしか教えられないでしょう。
 同じようにアメリカで誰かに同じ質問をしても、その人の経験以上の情報は得られません。
  私達は、直感や神秘体験によって見えない世界の情報を垣間見てはいますが、無限といっ
 てよい位、広大なその世界の全てを知り尽くしているわけではありません。
 ある人はニューヨークに行き、ある人はロサンゼルスに行き、ある人はフロリダに行きます。
 そして、自分が見てきた世界こそが真実だと主張します。確かに真実なのですが、他の人も
 決して間違えたり、嘘をついているわけではなく同じように真実を語っているのです。
  さらにもっと言うならば、本当に真実だと言い切れる世界は五感や六感を超えた所にしか、
 存在しないようです。その世界は「実相の世界」とか「神」とか様々な呼び名で表現されてい
 ます。そこは全てが一体に融け合った一元の世界なので、その世界と一つである事は出来
 ても、一度そこから離れてしまうと、外側からは一元の世界を知る事は出来ません。なぜな
 らば、「分離」した状態では、「一体」の体験は理解できないからです。といっても、本当に分
 離してしまうのではなく、分離したという夢を見ているのですが、その夢の中は見たり聞いたり、
 感じたり出来る幻想空間なのです。つまり、私達の目に見える「物質世界」だけではなく、六
 感でしか知ることの出来ない、より精妙な世界までもがその幻想空間に含まれるという事です。
 幻想空間で何を感じ、何を味わったとしても「正しい」も「間違っている」もないのではないでし
 ょうか?全ては自ら作り出した夢です。他人が自分と違う夢を見たからといって、その人を非
 難する人はいないはずです。
 「あなたはそんな夢を見たの?面白いね。僕はこんな夢を見たよ」これで話は済みます。
 要は「正しい」「間違っている」ではなく、自分が心から楽しめる夢を見れるかどうかです。
 そして、夢の大冒険をとことん味わったら、目覚めの朝を迎えませんか?
 それが私達のゴールです。
                                     ひっきー∞   
                                        >このページの項目へ
                 
                「幸せになるコツ」


  皆さんは、自分自身をどんな存在だと思っていますか?
 最近は輪廻転生や魂の存在を信じていらっしゃる方が増えてきましたので、そのような方々
 は、肉体は自分ではないと分かっていらっしゃると思います。
  それでは「心」が自分でしょうか?
 心の中を覗いて見ると、ひっきりなしに独り言を言っている存在がいます。多くの方がこの独
 り言を「心」と呼び、これが自分自身だと錯覚しています。
 しかし、私は私自身の経験から「心」は自分ではないと断言できます。
 「心」とは潜在意識というコンピューターに、顕在意識という端末からインプットしたデーターを
 プログラム通りに実行しているオートメーションの機械にしかすぎません。その証拠に、瞑想
 中ある程度の深さまで意識が降りていくと、心とは別の意識が現れてくるのですが、その意
 識から心を観察してみると、観察している自分にはお構いなしに勝手にプログラム通りひた
 すらしゃべり続けます。さらに心は、起きている間だけでなく睡眠中も休む事なく24時間ひ
 たすらしゃべり続けています。
 どうせ、しゃべりつづけているなら、よりポジティヴで幸福に導くような事をしゃべっていて欲し
 いものですね。実はこれは、以外と簡単なのです。

  @ ネガティヴな情報をインプットしない。

   よく失恋を繰り返されている方が、いつも悲恋のドラマを好んで見たり、失恋の曲を
  ひたって聴いていたりするのを見ますが、まさにこの方は失恋を望んでいるとしか思え
  ません。私達は、この世界で様々な事を体験する為に生まれてきたのですから、魂レ
  ベルでは失恋という経験も体験してみたいのでしょうが、もうそろそろ幸せを体験する
  事を選択したいのでしたら、潜在意識に自分が望まない現実を創造するようなデーター
  をインプットしない方が良いでしょう。
  我が家では無駄なデータをインプットしない為に、ニュースはいっさい見ない事にして
  いますし、新聞もやめてしまいました。何故なら、毎日毎日殺伐とした事件と戦争のデー
  タばかりインプットするのは、とても有益とは思えないからです。潜在意識にインプット
  した事は、必ず現象化するのですから・・・・。おそらく、世界中のメディアがいっせいに
  事件や戦争を報道しなくなったら、大幅にそれらの現象は緩和されるでしょう。

  A 日々、幸せな気分で生活する。

   よく、イメージを使って願望を成就する方法がもてはやされていますが、一日15分や
  30分ポジティヴなイメージに浸ったとしても、残りの23時間半を暗く満たされない想い
  で過ごしていたら、何の役にも立ちません。気分はストレートに潜在意識に働きかける
  からです。イメージで願望が叶うのも視覚化の効果というより、視覚化によって願望を
  手に入れた気分を得られる事による効果であると考えた方がよいでしょう。ですから、
  日々幸せな気分で生活できれば、起きている間ずっとイメージトレーニングをしている
  のと同じ様な物です。
  
  そんな事言ったって楽しい事も無いのに気分は上がんないよって声が聞こえてきそう
  ですね。
  ところで皆さん、幸せってなんだと思いますか?
  そして、どうしたら幸せになれると思いますか?
  お金を一杯手に入れたら、幸せになりますか?
  家族と過ごせたら、幸せですか?
   私は、幸せとはあくまで自分の心が幸福感を感じた時が幸せなのであって、外的な状況
  とはいっさい関係が無いと思っています。それなら、外的な事柄にあくせく働きかけるより、
  心を変えればそれで良いのではないでしょうか?
   コツさえつかめれば、現象とは関係なく幸せな気分でいられるものです。これは、いつも
  幸せな気分で暮らしている私が保証します。
  コツがつかめるまでは、色々な人が本に書いているように、いつも笑顔を作るとか、事ある
  ごとに「幸せだなぁ〜」と言うとか様々な方法がありますので、調べてみると面白いと思い
  ます。
  でも一番根本的な方法は、常に大宇宙は自分を最善の方向に導いて下さっているんだと
  いう信頼を心の中に確立する事です。私はいつも、赤ちゃんが母親の胸にしっかりと抱か
  れているような気分で暮らせるようになりました。事あるごとに、大宇宙の母への感謝の
  想いで胸が熱くなるのを感じます。
  幸せは心の中にあるとはよく言ったものです。
   キリストが十字架にかけられるお話は、多くの人々にとっては悲惨に映るでしょうが、私
  にはキリストほどのレベルになると、おそらくあんな状況におかれても、心の中は至福で
  満たされていたのではないかと思われてなりません。
   一歩でも、そんな境地に近づきたいものですね。
                                     ひっきー∞   
                                        >このページの項目へ
                 
                
「久々に出た!おすすめ本」


  セミナーの時などによくおすすめ本を聞かれるのですが、その度に「う〜ん!?」と言った
まま2.3分固まってしまいます。何故かと言うと、正直最近の精神世界の本で人に薦められる
本ってあまり無いのです。もちろん、それぞれ良い事は書いてあるのですが、それ以上に人を
惑わせる内容も多く、本質に関係の無い不必要な観念ばかり増やしてしまう本が多いのです。
かといって、昔の名著は絶版になっているものが多く、人に薦めても入手が困難なので薦め
られないし・・・。などと悩んでいたら、久々に出ました!おすすめ本!

   「不滅の意識 ラマナ・マハルシとの会話」  ナチュラルスピリット刊

 僕の敬愛する聖者の一人、ラマナ・マハルシの言葉を記録した本が8月末に出版されました。
現在入手できるラマナ・マハルシ関係の本では、最高のものだと思います。瞑想、神秘体験、
チャクラ、クンダリーニなど精神世界の中で迷っている人には必読の本だと思います。
 内容については、僕の浅はかな意識ではご説明する事もおこがましいので、とにかく読んで
いただけることをお薦めします。

 なお、この本は翻訳者の柳田さんの遺作になるのだそうです。一生を真理の探究に費やした
柳田さんに敬意を表すと共に、この本が多くの真理を求める人々の灯台となる事を信じて、
ご冥福をお祈りしたいと思います。 合掌

                                     ひっきー∞   
                                        >このページの項目へ
                 
                「普通の事に意味がある」


  ある時私は魂の意識に目覚めました。それは日常のふとした瞬間に始まりました。突然今ま で自分だと思っていた意識(心)が無くなり、至福の大海に放り出されました。それまで抱えてい
たあらゆる問題は消え、息を吸う事も、吐く事も、歩く事も、座る事も、寝る事も、起きる事も全て
が喜びそのものでした。見るもの全てが輝いていて、街路樹の緑のまぶしさや、頬をなでるやさ
しい風を感じるたびに涙がこぼれました。その時私は悟りました。魂の本性は至福そのものだと。
人間は生まれながらに幸福に生まれついていたのだと。ただ頭の中で、不安、心配、不平、不満
恐怖などの空想に浸っているが為に、自分の幸福に気付かないだけなんだと。
 それから3週間経った頃、私はいろいろな事を思い出しはじめました。自分が生まれて来る前
に、光の世界で体験した事、大宇宙のしくみ、神に関する事など、次から次へと思い出していきました。その時です。ハートの奥から魂の声が聞こえてきました。
「今は、これ以上思い出してはいけない!」
私はふと我に返りました。
「これ以上思い出したら、今生せっかく生まれてきた意味が無くなってしまう。もったいない!」
私のハートは確かにそう感じていました。

 私達は未知の力に憧れを持っています。超能力を使って自由自在に好きなものを手に入れたり、未来を予知して災いを避けたり、過去世を思い出して自分の天命を知ったり出来れば、どれだけ素晴らしい人生が送れるだろうと空想しています。しかし、それらの能力がそれほど素晴らしいものなら、なぜ神様は初めから私達に与えてくださらなかったのでしょうか?なぜ、ほとんどのは
これらの能力を持っていないのでしょうか?
 そもそも、世界各地の伝承や宗教によると、我々の魂は神そのものの全知全能の力を持っているはずなのに、なぜその力を自ら封印してこの世に生まれてくるのでしょうか?
私は、私達が今置かれている環境にこそ意味があると思います。ほとんどの人が、あの世や過去世や未来を知ることが出来ないのは、今目の前にある事に集中しなさいという神からのメッセージなのではないでしょうか?自分の天命はなんだろうと外側を探してみても、永遠に天命は見つからないでしょう。なぜなら、今置かれている環境が天命だからです。
今置かれている環境で喜びに満ちながらベストをつくした時、次のステージは初めて開かれます。自分のソウルメイトをどこかよそで探してみても決して見つかりはしないでしょう。今、目の前にいる人がソウルメイトであり、目の前にいる人に喜びながら愛をそそぐことこそが、魂の喜びなのです。
 今ここで、自分に与えられた力の中で、できるだけの事をやり、自分に出せるだけの愛をそそぐ。私達は、そういうゲームを楽しむ為に生まれたのだと思います。


                                     ひっきー∞   
                                        >このページの項目へ
                 
                
「今すぐに幸福になる方法」


  誰でもすぐに幸福になり、しかもこれから先も山のように幸福が押し寄せてくる簡単な方法を
お教えします。この方法を実践して幸福に満ち溢れた人生を、たった今から歩んで下さいね。

@今与えられている幸福を喜ぶ
 
 あなたは今、悩み事を抱えていますか?家庭や仕事の事で不平、不満はありますか?
もし、悩みや不平不満を抱えていたとして、それは生活全体から見た時に何%位の割合を占めていますか?おそらく、大部分の人は生活の90%以上は幸福に囲まれているにも関わらず、残り数%の悩みや不平不満にとらわれて、せっかくの幸福を味わう事なく暮らしています。
もったいないと思いませんか?せっかくですから、ご自分が持っていない物ではなく、持っている
幸せにフォーカスしてみて下さい。今手に入れている幸せを存分に味わい、喜びに満ち溢れて下さい。お日様の光や、おいしい食事、おふとんの温ったかさなど、日頃あたりまえに思って、見過ごしてしまっている幸せをとことん味わってみて下さい。

A今与えられている幸福に感謝する
 
 今与えられている幸福を十分味わって喜びに満ち溢れたら、神様に感謝の気持ち(大宇宙でも仏様でも対象は問いません)を伝えてください。心の中でも、声に出しても構いません。素直な気持ちで感謝を捧げて下さい。

B全ての人々の幸福を祈る。
 
 「今与えられている幸福が、全ての人々にも与えられていますように・・・。」と祈りの言葉をとなえます。

 どうです?簡単でしょ?
 あなたに起こる出来事は、あなたが今出している波動によって引き寄せたものです。幸福な出来事を引き寄せるには、あなたが今ここで、幸せに満ち溢れるしかありません。
そして、自分が味わっている喜びを全ての人と分かち合いたいという思いは、あなたの喜びを10倍以上に増幅して宇宙に広がり、波紋の様にあなたのもとに幸福を乗せて返って来ます。

 論より証拠です。まずは実践してみて下さい。あなたの人生に幸福が押し寄せて来る事
うけあいですよ。

                                     ひっきー∞   
                                        >このページの項目へ